期待しないことの効用

良くも悪くも、ローマでは色んなものに期待ができない。
ゆえに、期待しなくなってくる。
だって、そうじゃないと、イライラしてやってられないから。

①公共交通機関
遅い、来ない、サービス悪いのないないづくし。
通勤に使っている電車は、夏休みスケジュールになったらしく(驚!)、8月一杯は2本に1本が無い。なので、これまで15分おきだった電車が30分おきになっている。しかも、その上に遅れるので、40分ぐらい待つことも珍しくない。

②大家(っていうかローマ人全般?)
6時頃に来ると言ってたけど、来たのは結局7時頃。でも、謝るでもなく、当然のようにやってくる。40分位約束の時間を超えたあたりで、携帯にメールをして、「今日来るんだよね?」ってPushしても「Yes」というだけ(苦笑)。でも、どうやら周りの話を聞いていると、約束した日に来てくれるだけましらしい・・(^^;

③店
ローマは8月の中旬から下旬にかけて夏休み。猫も杓子も、BarもTrattoriaもRestaurantも結構閉まる。しかも、予告なしに閉まる。だから、行ってみたら空いてない、ということはよくある話。一応、予告が貼ってある良心的な店もあるけど、ペラペラの紙に書いてあるだけだから、その予告も数日で吹き飛ばされたりして(笑)。レストランに行ってみたら、いつの間にか移転してた、なんて話も。

・・とまぁ、例をあげたらきりがないけど、不思議なことに、以前ほどイライラしてない自分がいる。確かに、遅れるとか、あてにならないのは困るけど、「まぁなんとかなるさ」「死ぬわけじゃなし」と鷹揚に構えることが以前よりできるようになってきた・・・ような気がする、かも?いやー、だって、そうじゃないと、生きて行けないもん、ここ、ローマ・・・しかも、これはこれで社会がちゃんとまわってるんだから不思議。まぁ、でも、この調子じゃイタリアの経済の回復は望めないかもねぇ・・・

と、ぼーっと夏の青空を眺める週末でした。

summer sky for blog

Post a comment

Private comment

Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.