The difference between EU and Italy

連休を使って、ローマからジュネーブまでひとっ飛び
飛行機でたった一時間なのに、スイスとイタリアのあまりの違いに驚くやら、笑えるやら、泣けるやら(^^;

①時間感覚の違い
スイスでは、バスの時刻表があって、しかも、オンラインでチェック可能(驚)。一方、イタリアでは・・・時刻表は無いし、仮にあってもあてにならない。なぜなら、いつバスが来るかは運転手の気分次第だから・・・(苦笑)ルートを一周した運転手たちは、タバコで一服して、仲間とだべって、「さて、いくか」とばかりに、みんながめいめいにバスに乗り込む。なので、どばーーーっとバスが来ることもあれば、まったく来ないことも・・・ひどい時には、同じ番号のバスが連ちゃんで来たり。中学生とかじゃないんだから、つるむのやめようよ、イタリアの運転手たち・・・

②顧客サービスの違い
スイスで感動したのが、とある国際機関のカフェテリアのサービス。コックさんみたいな帽子をかぶったナイスガイが、「ボンジュール・マドモアゼル!」と笑顔でご挨拶。私の注文を聞いて「That's a nice choice!」といいながら、ささっとよそってくれました。一方、ローマの私の職場では、「なによ?」とばかりに斜めに構えつつ注文を聞き、ぼとぼとと落としながらよそってくれる(こともあるらしい)。しかも、同じもの買っても値段がその度に違う・・・もしや、インフレ?って違うか(苦笑)。

極めつけは空港の免税。スタンプ押してくれるところを見つけるのに、2時間・・・というのも、みんなが適当な道案内をするから。たらいまわしにされた揚句、免税の対象となるバッグを買ったお店に戻って聞いたら、またもや適当な案内・・・また迷って聞きに戻ったら"That is not my problem"っておい!!!私はお客じゃないの!?

③インフラの違い
スイスの道路は平らだし、ごみは無いし、券売機もぴっかぴか一方、ローマの券売機はうっかりクレジットカードとか入れると、飲み込まれます。ジュネーブですっかりヨーロッパにかぶれた私は、ローマに帰ってくるなりカードを飲み込まれ、警察に行ったら「なんでカード入れたんだ」って責められ・・・(だって、券売機なんだから当たり前じゃない?涙)結局、警察官にナイフでカードをほじくりだしてもらってカードをGET!恐るべし力技。力技と言えば、今朝乗ったバスは、バス番号の液晶が壊れててたせいか、番号を書いた紙(A4サイズ?)を正面に貼ってそのまま疾走してました。恐るべし、ローマの大雑把ぶり。

というわけで、そのあまりのDeveloping Countryぶりから、住民にはEUの一部というより、北アフリカと思われてるローマ(苦笑)。詳しくは、YouTubeのビデオで↓

http://www.youtube.com/watch?v=AZ10QTIXlEA

ticket machine


Post a comment

Private comment

あは!

いやいや、この度はジュネーブくんだりまで来ていただいてありがとうね~!あまり見どころがない町だからがっかりされてしまうのではと心配していたけど、意外なところで感動できたみたいで(笑)良かったよ~。ローマ生活はサバイバルのようだけど、負けないでね!遊びに行くよ~!

あろあろ

よーこねえ。

じゃあ、次のdestination はジュネーブかな?ま、ヨーロッパといっても、広いからね。。。

余談ですが、ロンドンに行ったときに、ロンドン感激モード!でも、公共交通機関の電車には幻滅。。。。やっぱり日本には勝てないね。。。

Re: あろあろ

ジュネーブ、いいよねぇ。。。

でも、交通機関に関しては、世界広しといえど、日本(東京)以上のところは見たことないなぁ。
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.