ITリテラシー@イタリア

愛すべき人々、イタリア人・・・

でも、ITに関して言えば、ちょっとヤバい、かも?(^^;

①レジにて

とあるお店にお買いものに行ったところ、たまたま閉店セール中。全品30%から50%OFFとあって、「ラッキー!」と思いながらレジに商品を持って行ったところ、精算に時間かかるかかる・・・私は、列の2番目、つまり、前にはたったひとりしかいなかったのに、待つこと15分・・・一体なぜ!?と思ってレジの人の手元をのぞいてたら、一品一品割引率を手入力してるじゃぁないですか!!!・・・いや、てか、POSシステム使ってるんだから、割引率も登録しときましょうよ!そしたら、ピッてやるだけで値段出るから!一個一個シール見て割引率入力しないで!しかも、うっかりすると、「ぴっ、ピッ」って同じ商品を2回打っちゃったり!!!って、おーい!!!

※教訓:イタリアに買い物に来たら、しっかりレシート確認しましょう。計算間違い、打ち間違いの可能性大です。

②WINDOWS音痴


つい最近ロータスノーツからマイクロソフトアウトルックに乗り換えた我が職場。同時にマイクロソフトオフィスもバージョンUP!・・・はいいけど、みんなついていけてないし・・・(^^;今日も、"Yoko, sorry to bother you, but I can not find out how to turn off the track changes..."というP4(シニア)スタッフ。どうやら編集履歴を示したくないようなので、PDF化してしまうことを提案したら、"How can I?"って・・・・えーと。。。

さらに、チームミーティングでめずらしくプロジェクターを使用・・・したはいいけど、はめ込みが甘くて、画面全体が黄色く・・気持ち悪い色に。直してあげたら「おおおーー!!さすがYoko!さすがJapanes!さすが元IT会社勤務!」って・・・褒められて嬉しいけど、別にもとIT会社勤務じゃなくてもこれくらいは・・・

※教訓:日本で落ちこぼれでも、ところ変われば天才。自分の能力がありがたがられる生き場所を探しましょう。

③スイッチ

とどめは、スイッチの入ってないシュレッダーに紙を突っ込もうとするシニアスタッフ&一気に30枚ぐらいつっこもうとするボランティアの若者・・・頼むから、壊れるからやめて下さい・・・


※教訓:確認すべきは、機械のスイッチと頭のスイッチ・・・



Post a comment

Private comment

Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.